年収の三分の一以上でも借りれる金融会社(総量規制でも貸してくれる所)

資金業法の改善によって年収の三分の一以上の融資(借り入れ)ができなくなってしまった事や割賦販売法なども改正されクレジットカードのキャッシング枠やショッピング枠といったクレジットカードでの現金化も難しくなっています。


法改正の大きな理由としては総量規制の導入による上限金利の引き下げでが考えられます。以前の借入時の上限金利が約29.2%から約20%に下げられる点として利用している消費者にとって良いことなのかもしれませんが、その反面、規制が厳しくなることで以前のように誰でもすぐに借りれる金融会社や金融業者が減ったことで、そのような消費者金融をはじめ銀行やクレジットカード会社などが貸したくてもお金を貸せないという状況になっっています。

この総量規制によって、年収の少ない人は融資ができないばかりかカードの利用額なども制限され借入残高が年収の3分の1を超える貸付などが受けれなくなっています。

そもそも貸金業法改正の狙であったのは、消費者金融への規制を厳格化・消費者の多重責務問題などを解消するといったもののはずでしたがその反面カードローンを含む銀行や消費者金融からの融資をうけれない借りれないといった状況が生まれています。

そんな中、誰でも借りれる貸してくれるということで、違法な金融業者の闇金(ヤミ金)のような金融業者の増加で被害がでているのもうなづけます。利用者にしたらせっぱ詰まっている状況などがあるため、銀行や正規の金融業者や金融会社がお金を貸してくれないのなら、仕方なく闇金(ヤミ金)のような借り易い金融業者に走ってしまう気持ちもわからないでもありません。

しかし、一度でも闇金(ヤミ金)のような所からお金を借りてしますと大変な事に;なってしまします。彼らのような違法な金融貸しはもともと常識が通じないばかりか自分だけではなく回りにも迷惑を掛けてしまうことになります。なので絶対に確実に借りれる・貸してくれるとしてもそのような違法な金融業者は利用しないでください。

そのような違法な金融業者に頼らなくても、正規の金融業者でまともな金融会社で借り易い所は以外と探せばあります。日本貸金業協会に加盟しているちゃんとした金融業者や金融会社などで借り易い審査が甘い所は絶対にあるので、そのような金融会社や金融業者から借りることをオススメします。そのような審査が甘いところは年収の三分の一(1/3)以上でも借りれる金融会社もありますし、総量規制でも借りれる所もあります。

実際に下記に審査が甘く絶対に借りれるとはいいませんがカナリの確率で融資(借り入れ)借りれる所を掲載しておくので、本当に困った時などは利用してみるのもいいかもしれません。

即日融資などを希望の場合はあらかじめ申し込みフォームより申し込んでおけばすぐに対応してくれるので利用しやすいと言えます。ただし簡単に誰でも借りれるといっても、最初の限度額は10万から20万円くらいだと思ったほうがいいでしょう。

新規で審査が甘く借り易い金融業者 ↓↓↓【借りれるベスト3】