休日でも借りれる開いている金融会社・金融業者(審査が甘い所)

休日でも空いている金融機関を探している人が以外と多いようですが、郵便局や銀行といった大手金融機関はほとんど閉まっていて、いざという時に困ったということがあるという人がおおいようです。

銀行や郵便局のような金融機関に預金や貯金といった蓄えがあれば、今はコンビニなどで、若干の手数料を払えば、引き出すことが可能となって便利な世の中になったと言えます。

しかし、それはあくまで生活に余裕のある人達のみで、急な出費や入用などで、お金が必要な時にはどうしようもないのが実態です。そのような時に力になってくれるのが、消費者金融などの金融機関が頼りになりそうです。

しかし、その消費者金融のような金融会社や金融業者も日曜や休日に閉まっているとこも少なくありません。あらかじめ、休日や休みの日でも利用できる金融業者や金融会社を調べておいても損はないと思います。

ただし、今は審査が厳しい金融機関が多くなってきているので、審査に数日かかるということもあるので、そのような所は急な対応に応えてくれにくい場合もあるので、ちきんと今すぐに借りれる貸してくれる所をあらかじめ下調べしておいたほうがいいと言えます。

実際に正規の金融機関で、安心して借りれるとこは、日本貸金業協会に加盟しているかどうかでおよそ判断できますので、間違っても直ぐに借りれるから即日貸してくれるからといっても、無許可の闇金(やみきん)違法な金融業者や金融貸しはちかづかないようにしましょう。

ここ最近では、福島大地震の被災者らに法定金利の最大950倍で貸し付けなどを行いヤミ金業者12人逮捕
だというような事も起きています。

無許可で高金利の「ヤミ金」を営み、今年1月からの3カ月間で、最大で法定金利(年利20%)の約950倍で全国約740人に計約5900万円を貸し付け、約5700万円の利息を得ていたそうです。


顧客の中には東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島に住む50人も含まれていたという。

その闇金業者は、1~2月、東京都千代田区に事務所を設け、無登録で貸金業を営み、福島県郡山市に住む会社経営の女性(45)ら7人に、計約116万円を法定金利の約40~950倍で貸し付け、利息計約145万円を受け取ったとるなど、他に4、5年前からヤミ金を営み、携帯電話のショートメールなどで勧誘。期日までに返金できない客に対して、「払わなければ、生活をメチャクチャにする」などと脅していたそうです。

幸い、岩手県警に顧客が相談し発覚したようですが、このように絶対に借りれる金融業者でも無許可であれば、なにをしてくるかわかませんので、正規の金融業者や金融会社でまともな安心できるところから借りるのが賢明です。実際にブラックでも借りれる審査が甘い金融業者はさがせば絶対にあるので、そのような所から融資をうけるのが賢明だと言えます。

実際に貸してくれる融通の効く金融会社を4社ほど掲載しておくので、本当にどこも貸してくれない困った時などは利用してみるものいいかもしれません。ただし、借り易いといえど、必要な金額だけ借りるのが賢い利用方法といえます。休日でも借りれるので、あらかじめ申し込みフォームより申し込んでおけば即日融資も可能なようです。

新規で審査が甘く借り易い金融業者 ↓↓↓【借りれるベスト3】