総量規制でも借りれる・貸してくれる金融業者・金融会社(必ず絶対に借りれる)

昨年から、法律の改正、法改正により、総量規制がさらに厳しくなってきました。総量規制とは、ご存知の方も多いとは思いますが、年収の三分の一(1/3)以上は、お金が借りれなくなってしまう法律です。

そもそも、借りすぎや負債の増加を防ぐために、金融庁、すなわち政府の打ち立てた政策ではありますが、肝心の消費者(国民)の金融事情を自分たちの尺度で図っているためにできた法律だといってもしょうがありません。

平均年収が1000万や平均預金が数千万円あるような、国会議員や議員などによって作られた法律なので、年収が200万円が当たり前の御次世にとっては、簡単に誰でも借りれるような金融会社や金融業者がいかに助けになってくれているか、知る由もないのだろうと思います。

その総量規制によって、金融業会である銀行をはじめ消費者金融・マチキン(町金)・個人の金貸しなどが悲鳴を上げているほかに、当然、お金が借りれなくなってしまった人たちが、絶対に借りれる・必ず借りれる貸してくれるといった、闇金融の犠牲になっている実情があります。

実際に、東北地震などによって家や財産を失った人々に、連絡を取り小口融資を行っている闇金融(ヤミ金)が暴利をむさぼり、ひどい目にあっているという現実が先日ニュースでも取り上げられました。本当はお金などかりずに済むのであれば、そのような事をしなくてもいいのでしょうけど、中々、そうも行かないのが現実です。

では、総量規制でも借りれるような所はないのか?ということですが、実際には、総量規制でも借りれる貸してくれる所はあります。ただしここで間違った金融業者を選ぶと後々めんどうなことになりまねません、そうならないためにも、金融庁管轄であり、日本貸金業協会に登録してある、審査が甘く総量規制でも借りれる金融会社を選ぶ必要があります。

金融会社自体、新規の顧客にはきてほしいけれど、総量規制でお客が減っている現状があるので、中堅クラスの金融業者なら安心して、誰でもお金が借りれる可能性が高いのです。

ただし、総量規制でも借りれる借り易いといっても、最初は10万から20万といった小口の借り入れしか難しいかもしれません、毎月の返済をきちんと行えば、増額も3ヶ月くらいで可能でしょうが、いくら誰でも簡単に借りれるといっても最初はそのくらいの融資(借り入れ可能)が限界だと思ったほうがいいと思います。

下記に紹介しておくので、本当にどこからも借りれなかったら、こちらを利用するのも良いと思います。ただし感単に借りれるでしょうけど、借りすぎには注意しましょう。

新規で審査が甘く借り易い金融業者 ↓↓↓【借りれるベスト3】